×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

顔リンパマッサージをする前に…

顔リンパマッサージでより良く効果を実感するための「準備」があります。まずリンパマッサージとはその名の通り、体内の不要な水分や老廃物を排出する「リンパ管」をマッサージする方法です。つまりリンパ管がスムーズに働く様に準備をしてあげることが大切なのです。まずリンパ液が流れやすくなる様に、コップ一杯の水を飲みます。次に入浴をしましょう。入浴をすることで血行が良くなり、顔リンパマッサージが効率よくできます。入浴後、両方にある鎖骨の凹みを中心から円を描く様に、少しずつ位置をずらしながら脇へ向かってマッサージします。ポイントは優しく圧力をかけること。強く押しすぎると逆効果になる場合がありますのでご注意ください。鎖骨は全てのリンパが流れる場所です。顔リンパマッサージを施術する前に必ず行いましょう。最後にマッサージクリームを顔全体に大きく円を描きながら均一に伸ばしていきましょう。ちなみに、顔リンパマッサージに適したクリームは、少し固めで指止まりが良いものがおすすです。造顔マッサージの田中宥久子さんのプライベートブランドSUQQU(スック)がおすすめですが高額なので、代用品として「ちふれ」かまたは近江兄弟社の「メディカル・マッサージクリーム」が良いでしょう。

顔痩せ・むくみ解消のリンパマッサージのやり方

ここでは顔リンパマッサージの方法の中でも、顔痩せ・むくみを解消するやり方を紹介しましょう。それではいきましょう!1・両手の手のひら全体を使ってアゴの先から耳の下に向かって、アゴのラインに沿いながら少し顔のたるみを引き上げながら、滑らす様にリンパマッサージをします。これを3回繰り返します。2・耳の下まで辿りついたら、そのまま口角まで滑らします。これを3回繰り返します。3・次に鼻の両脇から耳の方向へ滑らします。4・目の下の目頭から、こめかみまで滑らします。5・眉の上から、こめかみ向かって滑らします。これも3回繰り返します。以上で顔痩せ、むくみ解消の顔リンパマッサージは完了です。ポイントは両手の手のひらで優しく包む様に、かつ少し顔の肉を引っ張る様に滑らすことです。何度も言う様に強すぎる圧力は、顔リンパマッサージにとって逆効果になる恐れがありますのでご注意ください。顔リンパマッサージのやり方のイメージが掴みにくいと言う方は、田中宥久子さんの本「造顔マッサージ」がおすすめです。顔リンパマッサージのDVD動画が付録で付いていますよ。

シワ・たるみ解消のリンパマッサージのやり方

顔リンパマッサージやり方の中でも、シワやたるみを解消する方法をここでは紹介しましょう。ポイントは、両手の中指の腹で、シワやたるみ解消に効果的なツボを押して顔リンパマッサージを行う点です。ツボの押し方のコツとしては、圧力をかけすぎずに3秒間くらい押すことです。1・眉の中心から親指1本分上の「陽白」というツボを押します。2・こめかみを押します。3・「印堂」という眉間の中央を押します。4・「清命」という目頭と鼻の間の凹みを押します。5・「瞳子」という目尻の部分を押します。6・「迎香」という小鼻の横の凹みを押します。以上のツボを順番に押してあげるだけで、リンパの流れがスムーズになり、シワやたるみの原因になっていた老廃物がデトックスされます。何度も言う様に、ポイントはあまり強く圧力をかけないこと。ちなみに、顔リンパマッサージは色々なバリエーションがありますので、更に詳細を知りたい方は田中宥久子さんの「造顔マッサージ」などの本を購入し、DVD動画を見ながら顔リンパマッサージを施術してみてください。慣れれば自分で簡単に出来ますよ。

Copyright © 2007 顔リンパマッサージの方法・やり方徹底紹介